環境

グリーン電力導入でCO2削減

北海道物産興社は、環境に配慮した製品製造にも取り組んでいます。2010年(平成22年)からCO2排出量の削減を目的に、グリーン電力(年間6,000kWh)を導入。製品の製造時に使用する電力を賄うなど、環境への負荷を軽減しています。

※「グリーン電力」とは、風力や太陽光、バイオマスなど自然エネルギーで発電された電力のこと。

ざん

食物残さを堆肥として再利用

工場から1日約1t排出される食物残さは、専門業者を通じて契約農家の農場で堆肥として再利用しています。産業廃棄物として処理せず、リサイクルすることで、環境面だけでなくコストの削減にもつながりました。

食物残さを堆肥として再利用
グリーン電力証書
グリーン電力を使用し製造した製品
WIND

グリーン電力の認定書

グリーン電力証書(風力発電「かぜるちゃん」)